六曜星

現在六曜は次の名称・順序になっています。   先勝(せんしょう・せんがち)   友引(ともびき)   
先負(せんぷ・せんまけ)   仏滅(ぶつめつ)   大安(たいあん)   赤口(しゃっく・しゃっこう)
六曜の起源はよく分からないのですが、小六壬が変化したものではないか、 などとも言われているそうです。

昔のものは名称も順序も今のものとは随分違っ ていたようです。
幕末の安政の頃でもまだ仏滅は「物滅」でした。現在の 形になったのは明治以降らしいです。

六曜は旧暦の日付にもとづいて配置されます。旧暦の  1月・7月の1日は先勝  2月・8月の1日は友引  3月・9月の1日は先負  4月・10月の1日は仏滅  5月・11月の1日は大安  6月・12月の1日は赤口 と定められており、そのあとは月末までこの順序で繰り返していきます。 閏月は前月に準じます。例えば閏5月の1日は大安です。旧暦では規則的に 来ますので、昔はあまり重視されなかったのが、新暦になってから時々不規 則な変化をするように見え、それでかえって珍重されるようになったのでは ないかという説もあるそうです。

俗信による六曜の吉凶というのは次のようになっています。

先勝: 午前は吉。急ぐことは吉。
友引: 友を引く。葬式は不可。祝い事は良し。朝晩は吉であるが正午は凶。
先負: 午後は吉。平静を保って吉。  
仏滅: 万事凶であるが、葬式は構わない。  
大安: 大いに吉。特に婚礼・旅行・移転には良い。  
赤口: 火の元・刃物に注意。正午は吉だが朝晩は凶。

 


六曜は現在運勢暦の注釈の中では一番多く利用されているものであり、
結婚 式は大安や友引に集中し、葬式は必ず友引を避けて行われています。友
引の 日は休みになる火葬場も多いようです。
しかし仏滅の日は結婚式場が割引価格になるといって、その日を選んで結婚 式をあげるカップルもいます。

建築関係の場合はやはり地鎮祭、上棟式などは大安や友引の日に行うのが
多いようです。


メールで相談する


十二直

十二直は一般に運勢暦の中段に書かれるため、単に「中段」とも呼ばれます。
十二直は節月と日の十二支によって定められます。


たつ     建てる日。最吉日。祭祀、結婚、移転、旅行吉。蔵開、動土凶。
のぞく    障害を取り除く吉日。治療開始、井戸掘り等吉。結婚、動土凶。
みつ     全て満たされる吉日。新規の物事、移転、結婚などに吉。
たいら   物事が平らかになる吉日。旅行、結婚など吉。穴掘りは凶。
さだん    善悪が定まる日。開店、結婚、移転など吉。旅行、訴訟は凶。
とる     執り行う日。祭祀、祝い事、造作吉。金銭の出入は凶。
やぶる   物事を突破する日。訴訟は吉。祝い事は凶。
あやぶ   物事を危惧する日。万事控えめに。
なる     物事が成就する日。建築、開店、新規事業なと吉。訴訟凶。
おさん    物事を納め入れる日。収穫、商品購入は吉。結婚、見合凶。
ひらく    開き通じる日。建築、移転、結婚、など吉。葬儀凶。
とづ     閉じ止める日。金銭収納、建墓、など吉。結婚、開店凶。


十二直は飛鳥時代から重視されていた暦注ですが、明治以降は六曜を重視す る人が
多くなり、あまり顧みられなくなりました。
なお、日取りを決める時にいろいろな暦注がついていて悩む人がいますが、
一般に
「暦は縦に読むな、横に読め」といいます。
つまり、六曜、十二直、二十八宿などいろいろなものが全て吉になる日を探 そうとすると、
なかなか都合のいい日は見つかりません。
むしろ自分は六曜 だけを見るのだ、とか十二直だけを見るのだ、と決めておいて、
そこの段だ けを見て、ほかは具体的・物理的都合などで日取りを決めた方がよいのです。
暦にとらわれすぎることは、百害あって一利無しです。
暦の吉凶というのは、 何日か候補があって、
どれでもいいような場合に決める手段として使うとい うのが、
一番よい使い方だと思います。


メールで相談する