本当にあったお話です

事例
 1

ある土曜日の午後
塗装業者の営業マンが訪問、今なら
キャンペーン中で安く外壁の塗装ができます。
そこで施主さんは外壁の塗り替えと屋根の塗り替えの見積もりを依頼しました。

出てきた見積もりはなんと290万円、キャンペーン中なので70万円値引きとブロック塀約10mの塗装
もサービスしますときたそうです(笑)

ただいま注文が殺到しておりまして、お返事は月曜日の午前中にお願いします、お返事がなければ
次のお客様にキャンペーン価格の権利が移ってしまいます・・・

施主さんはこの金額を疑問に思い、親しい工務店に合見積もりを依頼、お休みの日曜日に塗装担当の
業者にきてもらい、採寸、同日夕方見積書到着、前出の営業マンが提出した仕様書と全く同じ仕様で
見積もりしたところ、外壁の塗り替えと屋根の塗り替えブロック塀約10mの塗装すべて含めて
140万円でした・・・


事例 2

シロアリ駆除業者が来て、
「今ならキャンペーン中で安くできます、ご近所もみんなやっていますとの事で、床下にもぐって点検させて欲しいと言ってきました。

点検の結果は、シロアリの被害がひどくて、床下の湿気も多いと言うお話。このままでは家の土台が腐るはじかんの問題と言われた。床下からシロアリの死骸があったと、手にシロアリらしき物を持って出てきた。

施主さんは驚いたが、とりあえず見積もりを頼んだ。シロアリ駆除工事代、土台補修工事代、湿気防止の為の乾燥剤散布代・換気扇設置代で合計180万円の見積もりが出てきた。あまりに高いので驚いていると、ご近所への見本にしたいので、
60万円の値引きをして合計120万円で是非やらせて欲しいとの事だった。

 金額に驚いた相談者はとりあえず他社にも調査依頼をした。実際点検してみると、現在はシロアリはおらず、数年前のほんの少々のシロアリの被害の跡があっただけだった。

また湿気に関しても洗面所の床下にだけ換気扇を設置すれば解消される程度のものであった。。


事例 3
塗装業者の営業マンが訪問、
今近所で塗装工事を行っているので一緒にやれば安くできると薦められた。

営業マンの感じもよく、保障は10年間、アフターメンテナンスにも来るということなので、塗装工事を行った。

それから2年後、元の色が浮かび上がったり、ひび割れもひどくなった為、その業者にクレームの電話をした。しかし電話は既に使われておらず、行き先も不明。その2年間も一回もメンテナンスには来ておらず、仕方なく知り合いの工務店に再度外壁を見てもらうことにした。
使われた塗料は、当初の約束の塗料ではなく質の低い物だった。また塗料も薄めて使用してあり、
下地処理も行われていなかった。

塗装は薄めて使用しても、塗りたては見分けがつかず、数年後にならないと解らないため、材料費を浮かせるために薄めたと思われる。また塗料の質も見ただけでは区別がつきにくい為、誰も気がつかなかった。



事例 4
屋根職人らしき人物が訪問。
近くで工事を行っていたが、お宅の屋根が見え、雨漏りの危険性がとても高いので心配で見に来たと言う。

その家は日本瓦の家で、しっくいを直すだけで大丈夫なので8万円でやってあげるとの事だった。金額も安いと思い、その場で依頼。翌日工事を行った。

それから数ヶ月後、大雨の日に今までしなかった雨漏りが発生。驚いて業者に連絡したが、電話は現在使用されていないとのことだった。

 仕方なく近所の工務店に屋根を見てもらうと、
通常しっくい等を詰めてはいけない場所にべったり詰めてあり、屋根工事をしている者とは思えないような工事がしてあった。

今回の雨漏りの原因はそのしっくい工事であると判明。

世にも奇妙なお話でしょう。
ここに取り上げたお話は、管理人D工の近くで起こった実話です。
特に事例 1、、4は実際にD工が遭遇したケースでした。


注)D工も同じ建築業者ですので
何もコメントできません。
このページをご覧になった方が
ご自分で判断して下さい。


【知っておきたい 悪質事業者の手口】

トップへ