メガネまめ知識
紫外線には目に見えないが、殺菌作用や皮膚に日焼けを起こす作用があり、シミ・ソバカスの原因になります。眼のまわりは顔の中で最も皮膚がうすくダメージを受けやすい部分なので、紫外線カットのメガネをかけることをお勧めします。また、紫外線は白内障の原因の一つとも言われています。長時間、室外で作業される方は是非どうぞ!

イワモトのメガネは正確・丈夫・で安心。そして良心的価格です。
それは日本メガネ技術者協会認定S.A級眼鏡士登録店だからです。
県下一の設備と豊富な品揃えで、レンズ・フレームを選び、コーディネートまでプロとしてのアドバイスをさせていただきます。
またアフターサービスも万全!新しい感覚と技術を持って、必ずご満足いただけるメガネをお作りいたします。
体験コーナー画像
遠近両用めがね用の生活疑似体験コーナー
歪測定器を利用し、レンズの歪みを見てみると、このような違いがでます。 これにより、メガネを掛けていても疲れやすいなど体に支障をきたす場合があります。 イワモトでは他社に負けない技術力でお客様に喜んでいただけるよう心がけています。 一度、あなたのメガネも調べてみませんか?
イワモトで購入の眼鏡
イワモトで購入のメガネ
某大手眼鏡店で購入の眼鏡
某大手眼鏡店で購入のメガネ
歪測定器

おすすめのメガネ

メガネ 
メガネ画像 メガネ画像メガネ画像

サングラス 

メガネTOP

無料サービス

以下のサービスは無料です。お気軽にご利用下さい。

クリーニング
フレームとレンズの間にたまった
ガンコな汚れは普通に洗っただけ
では取り除けません。当店では超
音波洗浄機で見えない部分の汚れ
をすみずみまできれいに落とします。
クリーニング画像
フレームの歪み調節
フレームがゆがんだままですと
アイポイント(焦点)のずれ等を
起こし、目の疲れや頭痛を引き
起こす原因となる場合もあります。
お気軽にお持ち下さい。
鼻パッドクリーニング・調整
鼻パッドは毎日お肌と接触している
ため汚れが付きやすい部分です。
クリーニング・調節するだけでも、
気分は随分違います。
フレーム歪み調節画像
各種ネジ調節
メガネのネジは細いため、
適切な力加減で締めないと
山をつぶしたり、折れたりします。
当店ではゆるみにくい専用
ネジロック(接着剤)で補強します。
各種ネジ調節画像
クリングス調節
鼻パッドを支える大事な金具
「クリングス」パッドの当りが
悪くなった場合はここを調整します。
視力測定
メガネをはじめて作る方、
作り直したい方、免許更新の
前に視力を知りたい方など
お気軽にご来店下さい。
視力測定画像

メガネTOP

メガネの選び方

メガネフレームは色・デザイン・素材など多種多様です。
その中で自分にピッタリと似合うフレームを探し出すのは大変な作業です。
以下は顔に対して調和するフレームを選ぶオーソドックスな方法です。

●選ぶ基本のポイント

●面長 (長く、ほっそりした顔)ソフトにバランスよく
縦幅のある細目・淡いカラーのフレーム
●大きい顔 (長く、ふっくらした顔)シャープに小さく見せる
縦幅のあるやや直線的な濃いカラーのフレーム
●小さい顔 (短く、ほっそりした顔)メガネに顔が負けないこと
小さく淡いカラー・目立たないフレーム
●丸 顔 (短く、ふっくらした顔)
丸さをカバーし、シャープに縦幅がなく、ポイントを上に

●不調和で個性演出

あえて不調和なフレームを選ぶことで個性を主張し、
独自の雰囲気を演出する方法もあります。
流行のフレームだからと安易に飛びつかないで、
基本はしっかり押さえながら、その上で少し冒険して個性をアピールし、
メガネをオシャレの小道具として上手に活用してください。

●とにかく掛けてみて

メガネは陳列された状態と顔に掛けた状態とは違います。
「変な形」とか「似合いそうに無い」といった先入観を捨てて
いろいろと掛けてみましょう。
思わぬデザインが自分にあっていることに
気づく場合も少なくはありません。

●素敵に着替える

以前ほどTPOを気にする必要が無くなったとはいえ、
メガネと服装のミスマッチや仕事柄相応しくないと思われる
場合も出てきます。
オールマイティーなフレームを選ぶか、
場合によっては複数所持も必要になるでしょう。
洋服を着替えるように、ネクタイを替えるように、
メガネもその場の雰囲気に合わせて着替えることが出来れば素敵ですね。

メガネTOP

メガネのお手入れ

長くメガネと付き合うために。お手入れはかかせません。

レンズの拭き方

まず水で砂や汚れを洗い流し、レンズのふちをしっかりと支え、ティッシュペーパーか専用レンズ拭きで円を描くようにていねいに拭きます。
酷いよごれの場合
中性洗剤を薄めた液で軽く洗い、水でよくすすぎ、すぐに水分をよく拭き取って下さい。
くれぐれも熱湯を使わないで下さい。

アルカリ系の洗剤はダメ

アルカリ系の石鹸、ハンドソープ・ボディソープ等は 使用しないで下さい。
コート膜が劣化しはがれる原因となります。

アルコールもダメ

アルコール類でメガネを拭かないで下さい。
フレームの樹脂が侵され、変質、変色、劣化の原因となります。

こんな時はすぐ洗い流して

カビ取り剤、薬剤(トイレ・浴室洗剤)やアルカリ系洗剤、 酸性洗剤、化粧品、整髪料、ヘアスプレー、 油、汗、レモン等の果汁がついたときは すぐに水洗いをしてよく落として拭き取って下さい。
そのままにしておきますとレンズにシミ等が残り取れなく なったり、コート膜がはがれたりします。

メガネTOP